フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

中山 可穂 「ケッヘル」

2006.12.16

ケッヘル 感想





満を持して、中山さんの「ケッヘル」感想行きます。

この作品このボリューム感、とても重い内容にもかかわらず、どんどん読み進めたくなる力があって。
非常にすばらしい作品です。
一応、分野的にいうと、ミステリーですね、これは。

何度か書いていますが、大きく2つの物語から成り立つこの作品。
最初は戸惑いました。
それも、二つの作品が交互に出てくる出て来方が、何というかそれぞれが長くて。
遠い、遠いところから二つの物語が始まって、繋がっていく感が最初見えなくて。

それにしても、壮大な物語です。
それも、二つの物語が、それぞれ壮大で。

最後の感想ということで、できるだけネタバレのないように、ぼやかして書いていくことにしますが。
それでも、これだけの長い、上下巻の作品だと、そうも行かない部分があって。

タイトルの「ケッヘル」というのはの作品を時系列的に配列した番号ということをご紹介しましたが、なるほど、タイトルにつけられるとおり、この番号がものすごい鍵を握るわけです。
始めは、鍵人の幼少のころからの物語で父親に纏わる、そして、伽椰の物語では、殺人の真相に纏わる。

始まりは、とても残酷で、こんなことがあっていいのかと思えるほどの悪意に満ちた事件。
そこには、真相が隠されているようないないような。
でも、そこのもう少し見えない部分に、実は真相が隠されていて、そこには一筋の救いがあって。

過去の物語で発生する残酷な悪意は、次第に現在の物語の悪意に、復讐に、憎悪に置き換えられていくわけです。
読み進めるのを止められない気持ちと、怖くて、恐ろしくて読み進められない気持ちが入り乱れて、それでも読み進めざるを得ない力がある作品で。

何だか抽象的で、支離滅裂的な感想であることが否めないですが、読み終わって「あぁ」と共感してもらえるとありがたいと思いつつ。
帯に書かれた、、
「絶望のふちから生まれた恋。
 だが復讐の連鎖は止まらない。
 著者新境地にして最高傑作。
 『これはわたしのもうひとつの処女作である』」
という言葉をかみ締めつつ、確かに最高傑作であり、この絶望と復讐の物語にスタンディングオベーションを送りつつ。

取っ付きやすい、読みやすい、単純に面白いという類の本ではないのですが、じっくり、深い物語を読みたい人に是非読んで頂きたい。

ではまた、次の作品の読中記か感想を。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


2006.11.29

ケッヘル 下 読中記



中山さんの「ケッヘル」下巻の読中記です。

もう、すでにここまで来ると、ネタバラシなしに読中記何かかけねぇぞ、、、と、少し開き直ってみたり。
なので、少しネタバレ的なことがあっても、ご容赦下さい、などと注釈を書きつつ。

この作品、ミステリーだったんですね。
どちらかというと、今までの中山さんの作品は、痛い、痛い、女性通しの恋愛が書かれていることが多くて。
今回も、入り口的にはそのような部分が見受けられ。

どこで狂った(?)かというと、遠松さんの幼少のころからの物語が並行して書かれていて、いつしかモーツァルトに纏わる、いろいろなエピソードが並べられていき。
そこに因縁めいたものが見え隠れし始めたころからでしょうか、、、。
少し意味不明。

そして、下巻に入り、物語は惨殺が繰り広げられていく訳です。
そこに、謎がいっぱい隠されていて、しかも、上巻で描かれたひとつの「死」と、それもまた因縁めいた繋がりが出てきそうで。
この伽椰の物語が、いつの間にか幼少時代から積み上げられた遠松さんの物語と、いわばコラボレーションを始め出して、そこにはモーツァルトという音楽家の、楽曲の番号であるケッヘル番号に由来する繋がりが出てきたりして。

いや、これ面白くなってきました。
いいですよ、兄貴。
いや、ほんと。

また、下巻の読中記か感想なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4
2000億円市場を作った男の
すごいビジネスモデルをご紹介!

2006.11.23

ケッヘル 上 感想



中山さんの「ケッヘル」上巻の感想行きます。

上下巻があって、間に感想を入れるのは不思議な感じですが。
この超大作に敬意を払って。

この作品、中山さん自身が、
『これはわたしのもうひとつの処女作である』
というだけのことはあります。

ドーバー海峡の港町で海に向かって指揮棒を振っていた遠松鍵人さんは、その物語の中で次第にその生い立ちが明らかになっていくのですが。
これがまた、壮絶な人生なんです。
いやぁ、書けないのが残念なくらい。
そこに、このタイトルであるケッヘル、そしてモーツァルトとの繋がりが、非常に残酷に、そして根深く、神に導かれるように。

危険な恋を捨てて世界を逃げ回っていた伽椰は、遠松鍵人との出会いによって、引き寄せられるようにモーツァルトの繋がりを持って。
伽椰が逃げ回る理由は、これまた壮絶な背景があって、そして新しい生活に乗り出して。
そして、アマデウス旅行社。
そこに発生するひとつの「死」。

想像もつかない展開そして、二つの物語~遠松鍵人と伽椰の物語は、どのように繋がり、どのように終末へ向かっていくのだろう。

また、下巻の読中記なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


2006.11.19

ケッヘル 上 読中記



中山さんの「ケッヘル」上巻の読中記行きます。

海に向かって指揮棒を振る男。
海辺のオープンカフェでそれを見る女。
ドーバー海峡に面した港町。
二人は出会った。

おそらく、ここから広がる物語の、おそらく主人公である二人。

女は、危険な恋を捨てて世界を逃げ回る。
男は、まだ何もとかはわからない。
ただ、女の話と、男の話が、短くはなく交互につながっていく物語。

女は・・・伽椰は、中山作品によく出てくる、女性を愛する恰好を持つ女性。
男は・・・遠松鍵人は、モーツァルトを愛する男性。

今を流れる伽椰の物語と、過去から積み上げていく遠松鍵人の物語が、そしていつか繋がっていくのだろうかと思いながら。
まだまだ先が長い、物語。

また、次の読中記なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


2006.11.11

ケッヘル





中山可穂さんの「ケッヘル」読み始めました。

坂東さん、天川さんの「タイヨウのうた」読み終わりましたので。
感想は、またこの次辺りに。

まず、ケッヘルとは、、、、。
【ケッヘル番号】 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『ケッヘル番号(ケッヘルばんごう)とは、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの作品を時系列的に配列した番号。ケッヒェル番号とも呼ばれる。モーツァルトの作品を表すために欠かせない世界共通の認識番号である。この作業を最初に行い、出版したのがルートヴィヒ・フォン・ケッヘルであり、その書名は「モーツアルト全作品目録("Chronologisch-thematisches Verzeichnis sämtlicher Tonwerke Wolfgang Amadé Mozarts")」(1862年)である。』

そう、モーツァルトです。
なんでも、生誕250周年ということで、テレビなどで一部盛り上がりを見せていたりします。
そんな、ケッヘルというタイトルの小説。

いつもいつも、痛い、痛い心の傷や恋愛の仕方を小説に描いている中山さん。
このモーツァルトとケッヘルを、どのように料理していくのでしょう。
それも、今回の作品は、上下巻という超大作。

帯には、、、
【上巻】
「ケッヘル番号が、わたしをこの世のはてまで連れてゆく。」
「モーツァルトの音楽に取り憑かれた男と、過去の亡霊から逃げ続ける女。
 出会うはずのない二人の人生が交錯した瞬間、狂おしい復習の幕が上がる。」
【下巻】
「真に人間らしい人生とは、誰かをひたむきに愛し、愛される、
 薔薇色の不安に満ちあふれた人生のことだ。」
「絶望のふちから生まれた恋。
 だが復習の連鎖は止まらない。
 著者新境地にして最高傑作。
 『これはわたしのもうひとつの処女作である』」

なんだか、壮大な物語みたいですね。
とても長い、長い作品なので、少しずつ読中期を織り交ぜながら。
それでも、ネタバレにならないように気をつけながら。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


その他のカテゴリー

Yoshi  「DeepLoveアユの物語」 | ◆いま会いにゆきます 映画情報 | ◆たあさんの本棚 | ◆本のアンケートシリーズ | ◆3歳シリーズ | ほっとけない世界の貧しさ | アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ペス 「Good Luck」 | アレン・カー 「禁煙セラピー」 | エリヤフ・ゴールドラット 「チェンジ・ザ・ルール」 | オムニバス 「I LOVE YOU」 | サン=テグジュペリ 「星の王子さま」 | メリッサ・P 「おやすみ前にブラッシング100回」 | リリー・フランキー 「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」 | 万城目学 「鴨川ホルモー」 | 三崎亜記 「となり町戦争」 | 三浦しをん 「まほろ駅前番外地」 | 上村佑 「守護天使」 | 中山 可穂 「ケッヘル」 | 中山可穂 「サイゴン・タンゴ・カフェ」 | 中山可穂 「弱法師」 | 中脇初枝 「きみはいい子」 | 乾くるみ 「イニシエーション・ラブ 」 | 乾くるみ 「セカンド・ラブ」 | 乾くるみ 「リピート」 | 乾緑郎 「完全なる首長竜の日」 | 井上夢人 「the TEAM」 | 井上尚登 「キャピタルダンス」 | 伊吹有喜 「四十九日のレシピ」 | 伊園旬 「ブレイクスルー・トライアル」 | 伊坂幸太郎 「あるキング」 | 伊坂幸太郎 「アヒルと鴨のコインロッカー」 | 伊坂幸太郎 「オーデュボンの祈り」 | 伊坂幸太郎 「オー!ファーザー」 | 伊坂幸太郎 「グラスホッパー」 | 伊坂幸太郎 「ゴールデンスランバー」 | 伊坂幸太郎 「フィッシュストーリー」 | 伊坂幸太郎 「マリアビートル」 | 伊坂幸太郎 「モダンタイムス」 | 伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」 | 伊坂幸太郎 「死神の精度」 | 伊坂幸太郎 「砂漠」 | 伊坂幸太郎 「終末のフール」 | 伊坂幸太郎 「重力ピエロ」 | 伊坂幸太郎 「陽気なギャングが地球を回す」 | 伊坂幸太郎 「陽気なギャングの日常と襲撃」 | 伊坂幸太郎 「魔王」 | 伊坂幸太郎 「SOSの猿」 | 伊岡瞬 「いつか、虹の向こうへ」 | 伊藤 たかみ 「八月の路上に捨てる」 | 佐藤多佳子 「一瞬の風になれ」 | 八木沢里志 「森崎書店の日々」 | 内藤みか 「いじわるペニス」 | 劇団ひとり 「陰日向に咲く」 | 原田マハ 「カフーを待ちわびて」 | 吉田修一 「パレード」 | 吉田修一 「悪人」 | 吉田修一 「東京湾景」  | 和田竜 「のぼうの城」 | 和田竜 「忍びの国」 | 坂東賢治/天川彩 「タイヨウのうた」 | 夏川草介 「神様のカルテ」 | 夏川草介 「神様のカルテ2」 | 夏川草介 「神様のカルテ3」 | 天童荒太 『包帯クラブ』 | 奥田英朗 「イン・ザ・プール」 | 奥田英朗 「ガール」 | 奥田英朗 「マドンナ」 | 奥田英朗 「ララピポ」 | 奥田英朗 「無理」 | 奥田英朗 「町長選挙」 | 奥田英朗 「真夜中のマーチ」 | 奥田英朗 「空中ブランコ」 | 奥田英郎 「サウスバウンド」 | 姫野カオルコ 「ツ、イ、ラ、ク」 | 宮木あや子 「花宵道中」 | 小川洋子 「博士の愛した数式」 | 小川糸 「食堂かたつむり」 | 小説ルパン三世 オリジナル競作アンソロジー | 山崎ナオコーラ 「人のセックスを笑うな」 | 山田宗樹 「天使の代理人」 | 岡嶋二人 「チョコレートゲーム」 | 島本理生 「ナラタージュ」 | 川上未映子 「ヘヴン」 | 川上未映子 「乳と卵」 | 川口淳一郎 「「はやぶさ」式思考法」 | 川島誠 「800」 | 市川たくじ 「そのときは彼によろしく」 | 市川拓司 「おぼえていてね ~アーカイブ星ものがたり」 | 市川拓司 「世界中が雨だったら」 | 市川拓司 「弘海 ~息子が海に還る朝」 | 平山夢明 「独白するユニバーサル横メルカトル」 | 後藤武士 「読むだけですっきりわかる日本史」 | 斎樹真琴 「十四歳の情景」 | 新堂冬樹 「銀行籠城」 | 日記・コラム・つぶやき | 本多 孝好 「真夜中の5分前 side-A」 | 本多 孝好 「真夜中の5分前 side-B」 | 本多孝好 「FINE DAYS」 | 朱川湊人 「かたみ歌」 | 杉山通敬 「中部銀次郎ゴルフの心 技術でもなく、道具でもない」  | 村上春樹 「1Q84」 | 村上春樹 「アフターダーク」 | 村上春樹 「ノルウェーの森」 | 村上春樹 「東京奇譚集」 | 村上春樹 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 | 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方second seasonⅠ 蜂蜜色の瞳」 | 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅷ 優しい秘密」 | 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅸ 聞きたい言葉」 | 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅹ 夢のあとさき」 | 村山由佳 「ダブル・ファンタジー」 | 村山由佳 「ヘヴンリー・ブルー」 | 村山由佳 「天使の梯子」 | 村山由佳 「放蕩記」 | 村山由佳 「遥かなる水の音」 | 東川篤哉 「謎解きはディナーのあとで」 | 東野圭吾 「マスカレード・ホテル」 | 東野圭吾 「容疑者Xの献身」 | 松久淳+田中渉 「天国の本屋」 | 柳美里 「オンエア」 | 桂望実 「県庁の星」 | 桐野夏生 「東京島」 | 桜井亜美 「空の香りを愛するように」 | 桜庭一樹  「赤朽葉家の伝説」 | 桜庭一樹 「私の男」 | 桜木紫乃 「ホテルローヤル」 | 梨木香歩 「西の魔女が死んだ」 | 森絵都  「Colorful」 | 森絵都  「風に舞いあがるビニールシート」 | 森絵都 「DIVE!!」 | 森絵都 「いつかパラソルの下で」 | 森絵都 「アーモンド入りチョコレートのワルツ」 | 森絵都 「ラン」 | 森絵都 「架空の球を追う」 | 森見登美彦  「夜は短し歩けよ乙女」 | 楡周平 「フェイク」 | 横山秀夫 「64」 | 横山秀夫 「クライマーズ・ハイ」 | 横山秀夫 「ルパンの消息」 | 横山秀夫 「半落ち」 | 横山秀夫 「影踏み」 | 横山秀夫 「臨場」 | 横山秀夫 「震度0」 | 樹林伸 「ビット・トレーダー」 | 歌野晶午 「女王様と私」 | 歌野晶午 「葉桜の季節に君を想うということ」 | 水野宗徳 「おっぱいバレー」 | 水野敬也 「夢をかなえるゾウ」 | 江連忠 「必ずあたる!ゴルフアカデミー」 | 池井戸 潤 「七つの会議」 | 池井戸潤 「ようこそ、わが家へ」 | 池井戸潤 「ルーズヴェルト・ゲーム」 | 池井戸潤 「ロスジェネの逆襲」 | 池井戸潤 「半沢直樹」 | 池井戸潤 「空飛ぶタイヤ」 | 池井戸潤 「鉄の骨」 | 法月綸太郎 「生首に聞いてみろ」 | 津村記久子 「」ミュージック・ブレス・ユー!! | 津村記久子 「ポトスライムの舟」 | 海堂 尊 「チーム・バチスタの栄光」 | 海堂尊 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 | 海堂尊 「ナイチンゲールの沈黙」 | 海堂尊 「螺鈿迷宮」 | 清野かほり 「石鹸オペラ」 | 湊かなえ 「告白」 | 湊かなえ 「往復書簡」 | 牧薩次 「完全恋愛」 | 白岩玄 「野ブタ。をプロデュース」 | 白石一文 「この世の全部を敵に回して」 | 白石一文 「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」 | 白石一文 「すぐそばの彼方」 | 白石一文 「どれくらいの愛情」 | 白石一文 「ほかならぬ人へ」 | 白石一文 「もしも、私があなただったら」 | 白石一文 「一瞬の光」 | 白石一文 「不自由な心」 | 白石一文 「心に龍をちりばめて」 | 白石一文 「永遠のとなり」 | 白石一文 「火口のふたり」 | 白石一文 「砂の上のあなた」 | 白石一文 「私という運命について」 | 白石一文 「見えないドアと鶴の空」 | 百田尚樹 「Box!」 | 百田尚樹 「モンスター」 | 百田尚樹 「永遠の0(ゼロ)」 | 盛田 隆二 「ありふれた魔法」 | 盛田隆二 「夜の果てまで」 | 石田衣良 「Gボーイズ冬戦争 ~池袋ウエストゲートパークⅦ」 | 石田衣良 「PRIDE 池袋ウェストゲートパークⅩ」 | 石田衣良 「ドラゴン・ティアーズ -龍涙 池袋ウエストゲートパークⅨ」 | 石田衣良 「ブルータワー」 | 石田衣良 「反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ」 | 石田衣良 「池袋ウエストゲートパーク6 ~灰色のピーターパン~」 | 石田衣良 「赤・黒」 | 石田衣良 「非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパーク8」 | 石田衣良 「1ポンドの悲しみ」 | 窪美澄 「ふがいない僕は空を見た」 | 絲山秋子 「沖で待つ」 | 綿矢りさ 「蹴りたい背中」 | 舞城王太郎 「好き好き大好き超愛してる。」 | 舞城王太郎 「阿修羅ガール」 | 若月かおり 「ずっと、ずっと、あなたのそばに~澪の物語」 | 荻原浩 「明日の記憶」 | 西加奈子 「さくら」 | 西加奈子 「白いしるし」 | 西川美和 「ゆれる」 | 角田光代 「八日目の蝉」 | 角田光代 「対岸の彼女」 | 誉田哲也 「ガール・ミーツ・ガール」 | 誉田哲也 「ジウ」 | 誉田哲也 「ストロベリーナイト」 | 誉田哲也 「武士道エイティーン」 | 誉田哲也 「武士道シックスティーン」 | 誉田哲也 「武士道セブンティーン」 | 誉田哲也 「疾風ガール」 | 越谷オサム 「階段途中のビッグ・ノイズ」 | 連城三紀彦 「造花の蜜」 | 道尾秀介 「カラスの親指」 | 道尾秀介 「シャドウ」 | 道尾秀介 「ラットマン」 | 道尾秀介 「光媒の花」 | 道尾秀介 「向日葵の咲かない夏」 | 重松清 「なぎさの媚薬」 | 金原ひとみ 「アッシュベイビー」 | 金城一紀 「対話篇」 | 金城一紀 「映画篇」 | 金城一紀 「GO」 | 阿部和重 「グランド・フィナーレ」 | 雫井脩介 「犯人に告ぐ」 | 風が強く吹いている 「三浦しをん」 | 齋藤智裕 「KAGEROU」

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー