フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

石田衣良 「1ポンドの悲しみ」

2004.08.12

1ポンドの悲しみ ~10編目、まとめ~


cover

最後、10編目の感想を。

10編目 ~スターティング・オーバー~
 番組制作会社の同期3人組で新年会。
 主人公の女性は、担当する番組に出演するコメディアンと別れて、1年間の男絶ちをしていた。
 彼女は、16の頃から14年間男が切れたことがない。
 そして、男絶ちの末に、、、

この作品によると、女性はクリスマスや誕生日など、イベントのときに寂しい想いをするのがいやで、男を漁るそうだ。
まぁ、そういう人もいるだろうと思う。

俺の場合、どちらかというと、そんなイベントのタイミングでつまらない相手や、適当な人といるくらいならひとりで過ごすことを選んできたような気がする。
まぁ、そういう人もいるだろう。

この作品の女性は、イベントの相手を探して恋愛するのか、相手がいるからイベントを一緒に祝うのか分らなくなり、1年間の男絶ちをして悟るらしい。
「男の人にもたれかかって、振りまわされていきていたなぁ」と。

うむ、恋愛っていうのは難しい。


最後にまとめを。
この作品集は、ひとつひとつの作品が輝いている、、、っていうより、星空があって、その一部分を切り取った感じ。
大きな大きな紙があって、そのどこかを切り取った感じです。

かるぅ~く読んでしまえるし、そんなに考えなくて良い。
前にも書いたけど、やっぱりエピソードかな。

ストーリーとしては、恋愛もの。
30台の恋愛です。

個人的には少し物足りない感じ。
そうだな、本を読みたいんだけど、いきなり難しいのとか、長いのはどうかなぁ、、、などと思っている読書初心者、もしくは読書が少し苦手な人にお薦めです。

2004.08.10

1ポンドの悲しみ ~8,9編~

8編目、9編目の感想です。

8編目 ~デートは本屋で~
 男と本が好きな女性。
 2年以上前に分かれた彼氏は、お互いに本が好きだった。
 ふと会社に出入りする男性と会話をし、本を結構読むという。
 デートは本屋で、、、

9編目 ~秋の終わりの二週間~
 14歳年の離れた夫婦。
 2週間だけ、13歳違いになる瞬間がある。
 そんな夫婦の物語。

本の話題があったり、読む本の感性が合う女性というのは、話していて楽しくなる。
8編目の女性は、本屋で行った初デートで、その本屋でサイン会を行っていた作家のサイン本をプレゼントされ、彼のポイントが急に跳ね上がる。
そんな気持ち分るような気がする。

ようやく、この作品集の面白さが分ってきた。
というより、もしかしたら、終わりのほうに良い作品が固まっていたのかもしれない。
いや、そうではなく、前半はそういう気分でなかったのかもしれない。
今回の2編は、平凡な日常にある、エピソード、、、そう、エピソードなのである。

 エピソード・・・逸話、挿話<新英和中辞典 第6版 (研究社)>
 逸話・・・・その人の隠れた一面を知らせる、世間にあまり知られていない面白い話。
 挿話・・・・文章や談話の途中にはさまれる、本筋には関係のない、短い興味ある話。
       <大辞林 第二版 (三省堂)>

大きな落ちや、どんでん返しや、大恋愛や、突き落とされるような悲しみではなく、軽い幸せ、軽い悲しみが流れていく物語たち。
さ~て、最後の話を読んでみますか。

2004.08.09

1ポンドの悲しみ ~6,7編目~

6編目、7編目の感想です。

6編目 ~スローガール~
 愛なんてセックスを包んでいるただの包装紙だと思っている主人公の男性が、女を漁りにバーに出かけます。
 バーのマスターも暗黙に認めるハンティングゾーン、声をかけられるのを待っている女たち。
 そこで出会った、スローガール。
 彼女は、大変美人なのに、反応がスローなのだ。 
 そんな彼女と、、、

7編目 ~1ポンドの悲しみ~
 本作品の表題作となっている物語。
 東京と大阪で遠距離恋愛をしている30台半ばのカップル。
 名古屋で落ちあい、異常なセックスを行う。
 その別れのとき、1ポンドの悲しみが、、、

この作品集の中で、今のところ6編目のスローガールが一番好きな感じです。
ようやく、この作品集の中で短編ならではの面白い物語に出会いました。

恐らく、短編集というのは、全てが数珠玉でよい作品というよりは、その中の面白い数編に出会うために読むんだと、そう思いました。
6編目のこの作品に出会えて、この作品集はよかったなと、そう思います。
そういえば、音楽のアルバムを買ったとき、その中で2曲か3曲、「あっいぃ」という楽曲があれば、「あのアルバムはいぃ」なんて言っていた気がします。
もちろん、もっと多い方がよいと思いますが。

7編目の表題作は、シェイクスピアからタイトルが来ているようです。
詳しくは読んでみて下さい。

短編集のタイトルを、その中の物語から選ぶ時、何か読み手の気を引くものを選ぶのでしょう。
そんな感じで「1ポンドの悲しみ」というタイトルが付けられたのかと。
でも、個人的にはスローガールにして欲しかった。
内容的に。

2004.08.08

1ポンドの悲しみ ~5編目~

5編目の感想を。

5編目 ~昔のボーイフレンド~
 文房具の会社に勤める、30台半ばの女性の話。
 「だからさ、日本の会社って男のためにつくったものなんだよ」と始まる物語は、仕事に生きがいを持った女性の意見を代弁しているようです。
 そんな主人公が、1年半前に分かれた昔の男からの電話を受けます。
 そして、、、

会社に入って思うことは、やはり自分が歯車のひとつであるって言うこと。
頑張って結果を出しても、ポンと飛ばされてしまう人もいたり、組織なんて会社の号令で簡単に変わってしまったり。
会社での女性の立場はあまり良く分らないけど、誰しも似たようなものかと。

本を読むペースが落ちたのは、何も暑さのせいだけではないかな。
この連作は、それほどそそらないものがあって。

読んでて「悲しみ」ってあんまでてこないぢゃん、、、って思ってたら、そういう名前の代表作があったり。
少し期待はずれかも。

2004.08.04

1ポンドの悲しみ ~3,4編目~

3,4編目の感想なぞ。

3編目 ~十一月のつぼみ~
 お花屋さんの話です。
 月に一回くらい花束を買いに来る男性。
 そんな男性が気になる、お花屋さんの店員が、、、
 お花屋さんの店員は、家庭が冷えていて、刺激を求める1児の主婦なのですが。

4編目 ~声を探しに~
 中小企業に勤める、30を超えた女性。
 この情勢の声が、突然でなくなります。
 身体表現性障害という、突然体の一部機能が機能しなくなるという、精神的病気。
 そんなとき、病気になる前は普通に接していた同僚の男性が、助けてくれます。
 病気になると、今まで普通に接していた男性の見方が、、、

短編というのを久々に読んでいて、こんな中途半端なものだったかと。
恐らく、それぞれの物語を少しずつ膨らましていって、より面白い物語に仕上げることも出来たのではないカなど。

短編って言うのは、短編なるべくしてそうなった物語と、なんか手抜きしている、、、もしくはもっと続きを読ませてくれよっていう物語があると思いますが、今回のは全体的に後者です。
まぁ、こういうのも有りだと思いますが。

で、4編目、急に病気になると、今までの世界観が変わってしまう、そういう気持ちよく分かります。
声が出なくなるほどの大事件は発生したことはありませんが、急な高熱にうなされ、ここでやさしくされたりなんかしたら、惚れてしまうなんて思ったりしたことも。
いや、高熱にうなされてるときはそれどころではなくて、後で思うんですが。
でも、そんな都合のいいことはあんまない訳で。

続きはまた。

2004.08.03

1ポンドの悲しみ ~1,2編目~

どうしようかと考えましたが、とりあえず何編かずつ物語の概要と感想を書こうかと。

この物語たちは、帯に書いてある系でいうと、何気ない日常のひとコマを切り取ったような物語、そんな感じです。
意気込まずに、さらっと読めてしまうとこがよい。
おぃ、もう終わってしまうのかよ、これからぢゃん、、、っていう雰囲気もありますが。

1編目 ~ふたりの名前~
 自分の持ち物に、それぞれのイニシャルを書くという習慣を持った、同棲しているカップルの話です。
 そんな二人が子猫を貰います。
 ちょっとクールな子猫が、、、

2編目 ~誰かのウェディング~
 友人の結婚式に出席した男性と、その式場でウェディングプランナーを行っている女性の話です。
 お互いにピピッと来た二人、男性は、女性に電話番号を渡し、そして、、、

うむ、短編は少し書きすぎてしまうと、内容が全部ばれてしまいそうで、なんか難しいっす。

ウェディングプランナーが、他人の幸せを演出している一方で、仕事が忙しく、自分の幸せの演出が苦手ということを初めて知りました。
まぁ、小説の中の話だけど。

世の中、仕事が忙しかったり、仕事の終わりが一般と合わなかったりで、恋をしたいけどできない人々が結構いるのかなと。
もったいない話です。
意外と、出会いなんていうものは、普段すれ違っている人との中にこそあるのかもしれない。

ではでは、3編目以降はまた。

2004.08.02

1ポンドの悲しみ

読み始めました。
大好きな、石田衣良さんの作品です。

この作品は10編からなる短編集で、帯に粋なコメントが載っていました。

   「日常に舞い降りた一瞬のときめき 10drops」

うむ、、おしゃれな感じではないですか。
悲しみとときめきがどう繋がるのかは別として。

で、気が付いた。
ここに感想を書き始めて、初の短編集ということで・・・
1編1編を10回書き綴るのもなんだなぁと。
どうしようか考え中。

あと、こんな記事見つけました。

 石田衣良スペシャルインタビュー 
  第1回 普通の人の、小さな恋の物語
  第2回 「ありがたや!」と男が思う瞬間とは
  第3回 心の筋肉をちゃんと使う恋愛をしよう

その他のカテゴリー

Yoshi  「DeepLoveアユの物語」 ◆いま会いにゆきます 映画情報 ◆たあさんの本棚 ◆本のアンケートシリーズ ◆3歳シリーズ ほっとけない世界の貧しさ アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ペス 「Good Luck」 アレン・カー 「禁煙セラピー」 エリヤフ・ゴールドラット 「チェンジ・ザ・ルール」 オムニバス 「I LOVE YOU」 サン=テグジュペリ 「星の王子さま」 メリッサ・P 「おやすみ前にブラッシング100回」 リリー・フランキー 「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」 万城目学 「鴨川ホルモー」 三崎亜記 「となり町戦争」 三浦しをん 「まほろ駅前番外地」 上村佑 「守護天使」 中山 可穂 「ケッヘル」 中山可穂 「サイゴン・タンゴ・カフェ」 中山可穂 「弱法師」 中脇初枝 「きみはいい子」 乾くるみ 「イニシエーション・ラブ 」 乾くるみ 「セカンド・ラブ」 乾くるみ 「リピート」 乾緑郎 「完全なる首長竜の日」 井上夢人 「the TEAM」 井上尚登 「キャピタルダンス」 伊吹有喜 「四十九日のレシピ」 伊園旬 「ブレイクスルー・トライアル」 伊坂幸太郎 「あるキング」 伊坂幸太郎 「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎 「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎 「オー!ファーザー」 伊坂幸太郎 「グラスホッパー」 伊坂幸太郎 「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎 「マリアビートル」 伊坂幸太郎 「モダンタイムス」 伊坂幸太郎 「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎 「死神の精度」 伊坂幸太郎 「砂漠」 伊坂幸太郎 「終末のフール」 伊坂幸太郎 「重力ピエロ」 伊坂幸太郎 「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎 「陽気なギャングの日常と襲撃」 伊坂幸太郎 「魔王」 伊坂幸太郎 「SOSの猿」 伊岡瞬 「いつか、虹の向こうへ」 伊藤 たかみ 「八月の路上に捨てる」 佐藤多佳子 「一瞬の風になれ」 八木沢里志 「森崎書店の日々」 内藤みか 「いじわるペニス」 劇団ひとり 「陰日向に咲く」 原田マハ 「カフーを待ちわびて」 吉田修一 「パレード」 吉田修一 「悪人」 吉田修一 「東京湾景」  和田竜 「のぼうの城」 和田竜 「忍びの国」 坂東賢治/天川彩 「タイヨウのうた」 夏川草介 「神様のカルテ」 夏川草介 「神様のカルテ2」 夏川草介 「神様のカルテ3」 天童荒太 『包帯クラブ』 奥田英朗 「イン・ザ・プール」 奥田英朗 「ガール」 奥田英朗 「マドンナ」 奥田英朗 「ララピポ」 奥田英朗 「無理」 奥田英朗 「町長選挙」 奥田英朗 「真夜中のマーチ」 奥田英朗 「空中ブランコ」 奥田英郎 「サウスバウンド」 姫野カオルコ 「ツ、イ、ラ、ク」 宮木あや子 「花宵道中」 小川洋子 「博士の愛した数式」 小川糸 「食堂かたつむり」 小説ルパン三世 オリジナル競作アンソロジー 山崎ナオコーラ 「人のセックスを笑うな」 山田宗樹 「天使の代理人」 岡嶋二人 「チョコレートゲーム」 島本理生 「ナラタージュ」 川上未映子 「ヘヴン」 川上未映子 「乳と卵」 川口淳一郎 「「はやぶさ」式思考法」 川島誠 「800」 市川たくじ 「そのときは彼によろしく」 市川拓司 「おぼえていてね ~アーカイブ星ものがたり」 市川拓司 「世界中が雨だったら」 市川拓司 「弘海 ~息子が海に還る朝」 平山夢明 「独白するユニバーサル横メルカトル」 後藤武士 「読むだけですっきりわかる日本史」 斎樹真琴 「十四歳の情景」 新堂冬樹 「銀行籠城」 日記・コラム・つぶやき 本多 孝好 「真夜中の5分前 side-A」 本多 孝好 「真夜中の5分前 side-B」 本多孝好 「FINE DAYS」 朱川湊人 「かたみ歌」 杉山通敬 「中部銀次郎ゴルフの心 技術でもなく、道具でもない」  村上春樹 「1Q84」 村上春樹 「アフターダーク」 村上春樹 「ノルウェーの森」 村上春樹 「東京奇譚集」 村上春樹 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方second seasonⅠ 蜂蜜色の瞳」 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅷ 優しい秘密」 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅸ 聞きたい言葉」 村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅹ 夢のあとさき」 村山由佳 「ダブル・ファンタジー」 村山由佳 「ヘヴンリー・ブルー」 村山由佳 「天使の梯子」 村山由佳 「放蕩記」 村山由佳 「遥かなる水の音」 東川篤哉 「謎解きはディナーのあとで」 東野圭吾 「マスカレード・ホテル」 東野圭吾 「容疑者Xの献身」 松久淳+田中渉 「天国の本屋」 柳美里 「オンエア」 桂望実 「県庁の星」 桐野夏生 「東京島」 桜井亜美 「空の香りを愛するように」 桜庭一樹  「赤朽葉家の伝説」 桜庭一樹 「私の男」 桜木紫乃 「ホテルローヤル」 梨木香歩 「西の魔女が死んだ」 森絵都  「Colorful」 森絵都  「風に舞いあがるビニールシート」 森絵都 「DIVE!!」 森絵都 「いつかパラソルの下で」 森絵都 「アーモンド入りチョコレートのワルツ」 森絵都 「ラン」 森絵都 「架空の球を追う」 森見登美彦  「夜は短し歩けよ乙女」 楡周平 「フェイク」 横山秀夫 「64」 横山秀夫 「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫 「ルパンの消息」 横山秀夫 「半落ち」 横山秀夫 「影踏み」 横山秀夫 「臨場」 横山秀夫 「震度0」 樹林伸 「ビット・トレーダー」 歌野晶午 「女王様と私」 歌野晶午 「葉桜の季節に君を想うということ」 水野宗徳 「おっぱいバレー」 水野敬也 「夢をかなえるゾウ」 江連忠 「必ずあたる!ゴルフアカデミー」 池井戸 潤 「七つの会議」 池井戸潤 「ようこそ、わが家へ」 池井戸潤 「ルーズヴェルト・ゲーム」 池井戸潤 「ロスジェネの逆襲」 池井戸潤 「半沢直樹」 池井戸潤 「空飛ぶタイヤ」 池井戸潤 「鉄の骨」 法月綸太郎 「生首に聞いてみろ」 津村記久子 「」ミュージック・ブレス・ユー!! 津村記久子 「ポトスライムの舟」 海堂 尊 「チーム・バチスタの栄光」 海堂尊 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂尊 「ナイチンゲールの沈黙」 海堂尊 「螺鈿迷宮」 清野かほり 「石鹸オペラ」 湊かなえ 「告白」 湊かなえ 「往復書簡」 牧薩次 「完全恋愛」 白岩玄 「野ブタ。をプロデュース」 白石一文 「この世の全部を敵に回して」 白石一文 「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」 白石一文 「すぐそばの彼方」 白石一文 「どれくらいの愛情」 白石一文 「ほかならぬ人へ」 白石一文 「もしも、私があなただったら」 白石一文 「一瞬の光」 白石一文 「不自由な心」 白石一文 「心に龍をちりばめて」 白石一文 「永遠のとなり」 白石一文 「火口のふたり」 白石一文 「砂の上のあなた」 白石一文 「私という運命について」 白石一文 「見えないドアと鶴の空」 百田尚樹 「Box!」 百田尚樹 「モンスター」 百田尚樹 「永遠の0(ゼロ)」 盛田 隆二 「ありふれた魔法」 盛田隆二 「夜の果てまで」 石田衣良 「Gボーイズ冬戦争 ~池袋ウエストゲートパークⅦ」 石田衣良 「PRIDE 池袋ウェストゲートパークⅩ」 石田衣良 「ドラゴン・ティアーズ -龍涙 池袋ウエストゲートパークⅨ」 石田衣良 「ブルータワー」 石田衣良 「反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ」 石田衣良 「池袋ウエストゲートパーク6 ~灰色のピーターパン~」 石田衣良 「赤・黒」 石田衣良 「非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパーク8」 石田衣良 「1ポンドの悲しみ」 窪美澄 「ふがいない僕は空を見た」 絲山秋子 「沖で待つ」 綿矢りさ 「蹴りたい背中」 舞城王太郎 「好き好き大好き超愛してる。」 舞城王太郎 「阿修羅ガール」 若月かおり 「ずっと、ずっと、あなたのそばに~澪の物語」 荻原浩 「明日の記憶」 西加奈子 「さくら」 西加奈子 「白いしるし」 西川美和 「ゆれる」 角田光代 「八日目の蝉」 角田光代 「対岸の彼女」 誉田哲也 「ガール・ミーツ・ガール」 誉田哲也 「ジウ」 誉田哲也 「ストロベリーナイト」 誉田哲也 「武士道エイティーン」 誉田哲也 「武士道シックスティーン」 誉田哲也 「武士道セブンティーン」 誉田哲也 「疾風ガール」 越谷オサム 「階段途中のビッグ・ノイズ」 連城三紀彦 「造花の蜜」 道尾秀介 「カラスの親指」 道尾秀介 「シャドウ」 道尾秀介 「ラットマン」 道尾秀介 「光媒の花」 道尾秀介 「向日葵の咲かない夏」 重松清 「なぎさの媚薬」 金原ひとみ 「アッシュベイビー」 金城一紀 「対話篇」 金城一紀 「映画篇」 金城一紀 「GO」 阿部和重 「グランド・フィナーレ」 雫井脩介 「犯人に告ぐ」 風が強く吹いている 「三浦しをん」 齋藤智裕 「KAGEROU」

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー