フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.07.27

ジウ

ジウ(1) [ 誉田哲也 ]

価格:700円
(2013/7/27 14:57時点)
感想(65件)

とんでもない物語でした。
誉田哲也さんの「ジウ」です。
これ、電子ブックで読みました。

とんでもないというのは最上級のほめ言葉です。

誉田さんの作品は、武士道シリーズやガールシリーズ、ストロベリーナイトなど様々読んできましたが。
最高傑作なのではないかと。。。

門倉美咲と伊崎基子、タイプの異なる2人の女性警察官が主人公。
非常に目を覆いたくなるようなグロテスクな表現が多いのですが。
壮大な物語、速い展開、主人公と周りの人たちの人間模様など圧巻!

3冊のシリーズモノ化と思いきや。
3冊で一つの物語を形成していく感じで。

最初は、警察が負けてしまうという誘拐事件から始まり。
もう、想像も付かなかった結末へと一気に駆け抜けていきます。

大分後回しになってしまいましたが。
これを読まずして誉田哲也は語れないというほどの。

実は、ドラマになったのは知っていましたが。
これほどの物語とは露知らず。

いったいこの物語をどういう風に映像化したのか。
いまさらながら興味深々です。
ただし、読み終わってみて、伊崎 基子が黒木メイサ、門倉 美咲が多部未華子というのは。
配役ミスなのではないかと思ってしまいます。

とにかく、最上級にお勧めな一冊なのです。

ジウ(2) [ 誉田哲也 ]

価格:700円
(2013/7/27 14:58時点)
感想(51件)

ジウ(3) [ 誉田哲也 ]

価格:740円
(2013/7/27 14:58時点)
感想(45件)

【送料無料】Kobo 電子ブック kobo Touch シルバー N905-KJP-S [N905KJPS]

価格:6,980円
(2012/12/5 09:24時点)
感想(0件)

ロリポップ!

2013.07.21

半沢直樹

日曜劇場『半沢直樹』|TBSテレビ

今期ドラマで超話題の「半沢直樹」です。
実は少し前に、このシリーズ1作目の「オレたちバブル入行組」を読んでいて。
そして、最近2作目の「オレたち花のバブル組」を読みました。

その前に、最新作の「ロスジェネの逆襲」も読みましたし。。。

「ロスジェネ逆襲」たあさんの感想

このシリーズ、ドラマのタイトルにもなった、型破りな銀行マン「半沢直樹」が主人公なのですが。
とにかく痛快な物語ですね。

両作品とも、最初に大きな事件が起きて、そして、窮地に追いつめられるような場面があり。
そして、何食わぬ涼しい顔をした半沢直樹がバッタバッタと悪役を切り倒していく。

オレたちバブル入行組は、、、
「大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンターテインメント小説。」

オレたち花のバブル組は、、、
「「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。」

という物語です。
超お勧め。

ドラマは。。。
堺雅人さんをはじめとして、配役も抜群。
久々にドラマ見ます。

オレたちバブル入行組 文春文庫 / 池井戸潤 イケイドジュン 【文庫】

価格:690円
(2013/7/19 15:49時点)
感想(0件)

オレたち花のバブル組 文春文庫 / 池井戸潤 イケイドジュン 【文庫】

価格:690円
(2013/7/19 15:50時点)
感想(0件)

【送料無料】Kobo 電子ブック kobo Touch シルバー N905-KJP-S [N905KJPS]

価格:6,980円
(2012/12/5 09:24時点)
感想(0件)

ロリポップ!

« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー