フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013.04.26

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [ 村上春樹 ]

価格:1,785円
(2013/4/26 15:55時点)
感想(114件)

超話題作。
村上春樹さんの「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」です。

楽天ブックスで予約をしていたので、発売日に到着。
早速読みましたとさ。

今回は色彩を持たない多崎つくるが主人公。
って、タイトルにも書いてあるので、そりゃそうかって。。。
そして、色彩を持つ高校時代の友人たち。

最初はものすごく暗い雰囲気で始まるわけです。
そして、巡礼の旅に。。。

「巡礼の年」というのはリストの名盤だそうで。
その中の「ル・マル・デュ・ペイ」がテーマとしてちょくちょく登場します。

リスト:巡礼の年 全曲/ベルマン

価格:3,000円
(2013/4/26 16:05時点)
感想(0件)

物語は、半ばミステリーのように進んでいきます。
前回の「1Q84」がオカルトチックというか、ファンタジックな話だったのと比較すると。
今回の作品は、現実的なシチュエーションで物語は進行して。

多崎つくるくん。
駅をつくる人なのですが。
駅を眺めるということが趣味というか、日常の出来事で。
なんだか、そういうことも気持ちを落ち着けるんだろうなって。

そして、巡礼の年に巡礼の旅にでることになって。

非常に村上春樹さんらしい作品だな、と思いました。
主人公の物腰としい、会話の流れといい、撒いた伏線の回収度合いといい。
細かな内容は、ネタバレになるので書きませんが。

村上春樹さん作品に慣れ親しんだ人にとっては、読みやすい一作だなと。

【送料無料】Kobo 電子ブック kobo Touch シルバー N905-KJP-S [N905KJPS]

価格:6,980円
(2012/12/5 09:24時点)
感想(0件)

ロリポップ!

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー