フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 陰日向に咲く 映画化 主演に岡田准一 | トップページ | どれくらいの愛情 »

2007.05.10

独白するユニバーサル横メルカトル 感想1



この作品、短中編がたくさんあるので、何回かに分けて。
あぁ、平山さんの「独白するユニバーサル横メルカトル」の感想です。

まずは、最初の3編を。

1.ニコチンと少年 -乞食と老婆
2.オメガの聖餐
3.無垢の祈り

1編目、ニコチンと少年は、突然いじめられるようになった「たろう」の物語。
そのたろうが、乞食のおじいさんと知り合います。
これは、何を言いたいのかよく分かりませんでしたが、おじいさんが親しくしてくるようになると、たろうがおじいさんを・・・。
弱いものは弱いという、人の本質を描きたかったのでしょうか?
非常に、乱暴な、そして残酷な描写にのっけから驚きながら。

2編目、オメガの聖餐は、400kgを超える体重を持つオメガのお話。
この作品は、よりグロテスクに、ショッキングに物語が進んでいきます。
何でも、オメガというのは、隠蔽のために殺された人を食べてしまうという。
吐瀉物や汚物、人肉を食らう様子が、非常に生々しく、そしてグロテスクで。
ここでは、人生や輪廻、繰り返しなんかが語られているのだろうか。

3編目の、無垢の祈りは、学校でいじめられるふみの話。
殺人者の奇跡をたどり、痕跡を残しながら、殺人者に出会いたいと祈る。
この作品は、悲惨な生活や扱いの中で救いを求める少女の物語なのか。

普通の人であれば、結構読み進めるのが辛いし、いちいち突っかかってしまう感じ。
表現の裏にある、ここで何をいいたいかとかを考えて読んで初めて、その意味や思いを汲み取れる部分が出てくるのかもしれない。
もちろん、こういう物語を好む人もいるだろうが、万人向けではありませんね。

今回は、、「このミステリーがすごい!2007ベスト10」で1位に輝いたことで読み出したのですが、果たして。

また、この作品か、前の作品か・・・・・・・、感想を。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« 陰日向に咲く 映画化 主演に岡田准一 | トップページ | どれくらいの愛情 »

平山夢明 「独白するユニバーサル横メルカトル」」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました。

独特の世界に、置いてけぼり状態でした。
表題作は文句なく面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独白するユニバーサル横メルカトル 感想1:

» 「このミス!」 一位の短編集 平山夢明著 「独白するユニバーサル横メルカトル」 [本読め 東雲(しののめ) 読書の日々]
なんと言っても「このミス」一位。 その他の書評でも結構評判になってました。 何せ一位だから、どんなもんか読んでみましたよ。 平山夢明著 「独白するユニバーサル横メルカトル  平山夢明短編集」 独... [続きを読む]

« 陰日向に咲く 映画化 主演に岡田准一 | トップページ | どれくらいの愛情 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー