フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 容疑者Xの献身 感想 | トップページ | ありふれた魔法 »

2007.01.04

芥川賞・直木賞候補作決まる 選考会は16日

早いもので、もうそんな時期ですか。

芥川賞・直木賞候補作決まる 選考会は16日

【芥川賞】
 青山七恵「ひとり日和」(文芸秋号)
 佐川光晴「家族の肖像」(文学界12月号)
 柴崎友香「その街の今は」(新潮7月号)
 田中慎弥「図書準備室」(同)
 星野智幸「植物診断室」(文学界9月号)

【直木賞】
 池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(実業之日本社)
 荻原浩『四度目の氷河期』(新潮社)
 北村薫『ひとがた流し』
 佐藤多佳子『一瞬の風になれ』(講談社)
 白石一文『どれくらいの愛情』(文芸春秋)
 三崎亜記『失われた町』(集英社)

芥川賞は、失礼ながら知った作家さんはいらっしゃらなかったんですが。
直木賞は、来ましたね、白石さん。
是非がんばってほしいです。
あと、「明日の記憶」の荻原さんや、「となり町戦争」の三崎さんなんかも候補で。

発表は16日だそうなので、楽しみに、楽しみに。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« 容疑者Xの献身 感想 | トップページ | ありふれた魔法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

kerokoさん、コメントどうもです。
白石さん、是非がんばってほしいです。
村上作品では、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」とか「国境の南、太陽の西」、「ダンス・ダンス・ダンス」とか好きです。

今年も宜しくお願いします
白石さん、直木賞とれると良いですね

...今更って感じですが(*・o・*
最近、村上春樹にハマって少し読んでいます
お勧めなどありましたら、教えてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞・直木賞候補作決まる 選考会は16日:

« 容疑者Xの献身 感想 | トップページ | ありふれた魔法 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー