フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 容疑者Xの献身 読中記 | トップページ | アヒルと鴨のコインロッカー 映画化 »

2006.12.23

ナイチンゲールの沈黙



東野さんの「容疑者Xの献身」が読み終わり、海堂尊さんの「ナイチンゲールの沈黙」読み始めました。

これ、以前に紹介した「チーム・バチスタの栄光」の続編なんです。
いやぁ、あの作品はムチャムチャよかった。
その続編だと、どうなんでしょう。

1作目がよいと、続編はすでに色眼鏡で見てしまうものですし、期待しすぎたりもするもので。

帯には、、、
「『チーム・バチスタの栄光』に続くメディカル・エンターテインメント第2弾」
「バチスタ・スキャンダルから9ヶ月-"愚痴外来"田口&”ロジカル・モンスター”白鳥コンビが帰ってきた!」
などと書いてあり。
そうですか、田口先生と白鳥、帰って来ましたか。

もちろん期待しますよ。
でも、同じ手には乗りません。
ってか、同じような展開にはならないと思いますし、そうでしょうね。

今回の物語の中心は看護師さんのようです。

そして、前の作品の感想かこの作品の読中記をまた。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« 容疑者Xの献身 読中記 | トップページ | アヒルと鴨のコインロッカー 映画化 »

海堂尊 「ナイチンゲールの沈黙」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイチンゲールの沈黙:

« 容疑者Xの献身 読中記 | トップページ | アヒルと鴨のコインロッカー 映画化 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー