フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 終末のフール ~8編目 深海のポール 感想 | トップページ | 陽気なギャングの日常と襲撃 »

2006.07.23

村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅹ 夢のあとさき」  読中記


cover

少し間が開いてしまいましたが、村山さんの「おいしいコーヒーの入れ方Ⅹ」読中記です。
この作品、この本の部屋に書き始めてから3作目。
もちろん読むのは今のところの全10作品全部読んでいます。

今回は、既に離れ離れに暮らし始めた勝利とかれん。
そんなふたりに軽い溝が出来つつあるような感じから物語が始まります。

結構、進展のまどろっこしい感じに、勝利のグダグダ考え込む感じで、最初は非常にブルーな展開。
そして、最初の短編「ALL BY MYSELF」では、すれ違いがピークになり。
そして、勝利の考えすぎの思考回路がぐるぐると。

人を好きになり、離れて暮らし、不安になり、考えがめぐり、相手が見えなくなり、そして相手が自分の期待する動きと違う風に動き始めて、そしてさらに不安になり、考えがめぐり、、、。
負のスパイラルに入り込んでいる感じ。
こういう心理って言うのは、非常に泥臭くて、嫌で、なんとも言えない鬱屈した感情ではあるんだろうけど、そういうのってあると思います。
わざわざ、こういう展開を差し入れるところは、村山さんのこの物語に対する本気が見える感じとでもいいましょうか。

そしてまた、作品の読中記や感想なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« 終末のフール ~8編目 深海のポール 感想 | トップページ | 陽気なギャングの日常と襲撃 »

村山由佳 「おいしいコーヒーのいれ方Ⅹ 夢のあとさき」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 終末のフール ~8編目 深海のポール 感想 | トップページ | 陽気なギャングの日常と襲撃 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー