フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ナラタージュ 読中記2 | トップページ | ナラタージュ 感想 »

2006.04.21

沖で待つ

島本さんのナラタージュ、読み終わりました。
そして、絲山 秋子 さんの沖で待つ読み始めました。

この作品、芥川賞受賞作品ですよ。
そう、比較的芥川賞とか、賞系はいっときますよ。

この作品は、、、、、。
 勤労感謝の日
 沖で待つ

の2編が乗っている、中編集とでもいいましょうか。

帯的には、全ての働く人にというフレーズとともに。
約束を果たすべく、彼の部屋にしのびこむ私。
仕事を通して結ばれた男女の信頼と友情を描く傑作とうことで。

なんだかね、最初の印象と、読み始めた印象が異なる感じ。

では、また作品の読中記や感想なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« ナラタージュ 読中記2 | トップページ | ナラタージュ 感想 »

絲山秋子 「沖で待つ」」カテゴリの記事

コメント

kumikoさん、コメントありがとです。
結構一気系ですね、この作品。
女性の観点だと、また違う感想になるのだと思います。
また、おいおい感想を書いていくので遊びに来て下さい。

一気に読みました。総合職って大変なのねーと思いながら。お見合い話もありそうな話で面白かったです。女性ならでの表現もあるし。{生理にイなったとか、スリーサイズ聞かれたあとの考えとか}

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖で待つ:

» 博士が変身!? [真田加奈子]
博士たっだいまぁーーー!!!加奈ちゃんお帰りじゃんえぇーー!!!博士その格好どうしたの?? [続きを読む]

» 沖で待つ [今日の本音は]
第134回芥川賞作品です。女性総合職として転勤先で働いた作者の経験が文章に反映さ [続きを読む]

« ナラタージュ 読中記2 | トップページ | ナラタージュ 感想 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー