フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 沖で待つ | トップページ | 沖で待つ ~1編目 勤労感謝の日 感想 »

2006.04.23

ナラタージュ 感想


cover

そろそろ島本さんのナラタージュ、感想です。

人を想う気持ちは、無償のものであったり、見返りに何かを期待するものであったり。
この物語は、そんな相手に対する気持ち、向き合い方が切なく描かれています。

大学生と、高校生の主人公泉が、そこにひきづられる気持ち、繋がる想いを抱えつつ、それでもそんな想いが裏切られたり、期待をしたり、それでも想いを持ち続けたり。
その周りではひとつの死があり、その死には、悲しい、残酷な出来事があり。

静かな静かな物語は、「ナラタージュ」という回想場面を散りばめつつ、過去と現在を結びつつ、やはり帯などに書かれている「究極の恋」「魂を焼き尽くすほどの恋」「壊れるまでに張りつめた気持ち」といった例えに、なるほど近づいていき、それでも静かに流れていくのです。

静かな中に描かれる「心の迷い」や「魂の叫び」や「切ない想い」や、それでも「強い、力強い感情」が、、「この恋愛小説がすごい!2006年版第1位」という輝かしい栄誉を納得させるというか。

結局、人はいくつもの想いを抱える中で、真に心が向かう方向というのがある。
そして、揺るぎない心の向かう方向は、いろいろな外野の出来事によらず、強く激しいもので。
そういう想いに辿り着いた人が、本当に強くなるのだろうと思います。

恋愛小説を読むのが久しぶりと言うこともありますが、久々心に響いた感じで。
この作品、是非いろいろな方に読んでもらいたいものです。

では、また作品の読中記や感想なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« 沖で待つ | トップページ | 沖で待つ ~1編目 勤労感謝の日 感想 »

島本理生 「ナラタージュ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナラタージュ 感想:

» 『ナラタージュ』 島本理生 (角川書店) [活字中毒日記!]
ナラタージュ島本 理生 / 角川書店(2005/02/28)Amazonランキング:8,786位Amazonおすすめ度:作者の成長を感じる丁寧な作品ややネガティブな感想ですどうしてだかわかりません。Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 『あなたはいつもそうやって自分が関われば相手が傷つくとか幸せにできないとか、そんなことばかり言って、結局、自分が一番可愛いだけじゃないですか。なにかを得るためにはなにかを切り捨てなきゃいけない、そんなの当然で、あなただけじゃな... [続きを読む]

« 沖で待つ | トップページ | 沖で待つ ~1編目 勤労感謝の日 感想 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー