フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 震度0 読中記 その2 | トップページ | 東京奇譚集 ~2編目 ハナレイ・ベイ 感想 »

2006.02.04

東京奇譚集 ~1編目 偶然の旅人 感想

それでは、村上さんの短編集「東京奇譚集」の感想を。
まずは、1編目「偶然の旅人」から。

この作品は、ピアノの調律師をしているゲイのお話。

よく行く、アウトレット・ショッピング・モールのカフェ。
そこで、主人公の調律師はよく本を読んでいる。

そして、偶然に出会った女性、同じ本。

その女性が結び付けてくれた確執のあった姉との再会。
そして・・・。

びっくりするような偶然ではないけれども。
それは、もはや必然のような。
そして、繋がりは人生の流れを変えていくような。
村上さんの「奇譚」はソフトタッチな感じで始まりました。

ではまた、村上さん短編集、別の作品の感想なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« 震度0 読中記 その2 | トップページ | 東京奇譚集 ~2編目 ハナレイ・ベイ 感想 »

村上春樹 「東京奇譚集」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京奇譚集 ~1編目 偶然の旅人 感想:

« 震度0 読中記 その2 | トップページ | 東京奇譚集 ~2編目 ハナレイ・ベイ 感想 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー