フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 震度0 感想 | トップページ | 魔王 ~1編目 「魔王」 感想 »

2006.02.26

東京奇譚集 ~5編目 品川猿 感想


cover

村上さんの短編集「東京奇譚集」5編目、最後の作品です。
タイトルは「品川猿」。

他の作品は「新潮」という月刊文学誌で発表されたようですが、この作品は書下ろしらしくて。

「奇譚」がテーマの本作品集。
この作品は少し流れが違うかなと。

猿が出てくるです。
それも、しゃべるです。

自分の名前を思い出せない女性。
カウンセリングを行う、特殊能力を持った女性。
そして、猿。

いびつな関係ですが、これが村上ワールドでしょうか、いろいろ繋がっていると言うか、流れている。
それもこれも猿が握っているという。

そいういう意味では「奇譚」なのかもしれません。
自分の名前を思い出せない女性の過去と、現在と。
そこに猿が。
カウンセリングの女性が全てを解明すべく。

おぉ。
これはやはり村上ワールドですな。

久々に読んだ村上さんの作品。
短編はやはり少し物足りない気もしないでもないでした。
そうはいっても、なかなか。
軽く読める村上作品と言う感じですか。

ではまた、次の作品の読中記や感想なぞ。

本に関するブログを探すその0 その1 その2 その3 その4


« 震度0 感想 | トップページ | 魔王 ~1編目 「魔王」 感想 »

村上春樹 「東京奇譚集」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3039/8836423

この記事へのトラックバック一覧です: 東京奇譚集 ~5編目 品川猿 感想:

» 東京奇譚集/村上春樹 [絡新婦と野狐の寄り合い所]
東京奇譚集/村上春樹 久しぶり村上春樹に帰ってきた。不思議な5つの短編に酔いしることができた。 前作の中編小説『アフターダーク』はちょい読んでてあわなかったけど、 今回の短編は見事に私の胸に聞きなれた音楽のようにスッと入ってくる。 この感覚を味わえるのが村上作品の魅力であると私は考える。 そして村上作品の中には意図してか全く違う作品に同じ名前の登場人物が、 多く登場する。今回の短編「日々移動する腎臓のかたちをした石」の�... [続きを読む]

« 震度0 感想 | トップページ | 魔王 ~1編目 「魔王」 感想 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー