フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 弘海 ~息子が海に還る朝 | トップページ | グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ感想 »

2005.03.22

グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ読中記

阿部和重さんの「グランド・フィナーレ」の表題作「グランド・フィナーレ」は中編小説でした。
それでは、表題作の読中記を。

この作品、1と2から成り立ってます。
まず、1の感想をいきます。

これ、最初凄いです。
かいつまんで書くと、少女の裸体写真を撮ってお金を儲けていたロリコン主人公が、奥さんにバレて離婚されてしまうが、娘に執着し、誕生日に雨の中こっそり覗き見に行くと。
少し、書き方悪いですが、そんな感じです。

これが芥川賞!?などと思いつつ、あのですね、文章に力があるというか、読ませられる感じです。
帯に「文学がようやく阿部和重に追いついた」と書かれるだけあって、納得するような、しないような。

なんか、自己分析が凄い訳です。
分っていてやってしまう衝動。
裏を読む計画。

実は、既に2を結構読んでいるので、その布石としての1は、あぁそういうことかというような。
なかなかやりますな、阿部さん。

ロリコンについての考察。
自分は、そういう趣味がないのですが、幼い女の子に対して女性としての興味を抱くということとは。
いや、決め付けてはいけない。
女性としての興味というか、性的な興味というか、ただかわいいという興味か。
確かに、子供はかわいい。
そこに、裸を見たいとか、悪戯してしまう心境・・・・うむ、分りません。
あぁ、考察になってないですな、、、すいません。<(_ _)>

では、またそのうち感想なぞ。

本に関するブログを探すその1 その2 その3 その4

« 弘海 ~息子が海に還る朝 | トップページ | グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ感想 »

阿部和重 「グランド・フィナーレ」」カテゴリの記事

コメント

kerokoさん、カキコどうもです。
熱く語ってる訳でもないですが・・・(^^;
この作品、表現が今までにない感じなんですよ。
結構クドイ表現なのですが。

また、遊びに来てね。

(--アヤシィ...
ですがたぁさんが熱く語ってるように思えて
ちょっと読んでみたい気もしますが
・・・どうだろう?

最近、花粉で集中力がなく
本も読めない感じです(><。。

色々
面白そうな本があっていいなぁ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ読中記:

« 弘海 ~息子が海に還る朝 | トップページ | グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ感想 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー