フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ | トップページ | 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ ~スカウトマン・ブルース 感想 »

2005.03.27

グランド・フィナーレ ~新宿ヨドバシカメラ/20世紀 感想


cover

いよいよ、阿部さんの「グランド・フィナーレ」、最後の2編、「新宿ヨドバシカメラ」「20世紀」の感想を。
この作品たちも、短編になります。

「新宿ヨドバシカメラ」
 この作品は、写真とのコラボという企画で書かれた小説だそうです。
 写真がなかったので、雰囲気があまり見えませんでしたが。
 内容としては、新宿に関する考察と、主人公の股間を東京都庁に例え、その横にあるホクロをヨドバシカメラに例えた、まか不思議な作品。
 ちょいと難しかった。

「20世紀」
 この作品はm5つのデザインのSony製品に合わせて発表された作品だそうです。
 5章からなりたっていて、デザインのテーマに関連付けられているそうな。
 神の町をテーマに、ひそかに恋愛小説のようであり、未来を占ったり、過去を振り返ったり、テーマがSony製品だけあって、「聴く」という隠れテーマも。
 
この2編は、少し難解な薀蓄が満載の、不思議な作品です。
結局、阿部さんの作品は不思議なものが多く、また何故だか読み進ませるという
言わば文章の力を感じる作品たちでした。

では、次の作品の感想なぞ。

本に関するブログを探すその1 その2 その3 その4

« 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ | トップページ | 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ ~スカウトマン・ブルース 感想 »

阿部和重 「グランド・フィナーレ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランド・フィナーレ ~新宿ヨドバシカメラ/20世紀 感想:

» グランド・フィナーレ-阿部和重- [かんこ堂]
グランド・フィナーレ-阿部和重- 「神町」そして、ふたたび…。土地の因縁がつなぐ物語。終わりという名のはじまり。表題作「グランド・フィナーレ」ほか三篇を収録。第132回芥川賞受賞作。 【目次】 グランド・フィナーレ/馬小屋の乙女/新宿ヨドバシカメラ/20世紀 【内容】 終わり、それとも始まり……神町を巡る物語。 「グランドフィナーレ」という名の終わりの始まり。 毎日出版文化賞、伊藤整賞W受賞作「シンセミア」に続く、二人の少女と一人の男を巡る新たなる神町の物語。 第... [続きを読む]

» 読書感想「グランド・フィナーレ」 [三匹の迷える羊たち]
読書感想「グランド・フィナーレ」 グランド・フィナーレ 【評価】★★★ [続きを読む]

« 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ | トップページ | 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ ~スカウトマン・ブルース 感想 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー