フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ感想 | トップページ | 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ »

2005.03.24

グランド・フィナーレ ~馬小屋の乙女 感想

阿部さんの「グランド・フィナーレ」、2編目の「馬小屋の乙女」の感想です。
この作品は、短編になります。

読み終えた感じ、なんともまぁ、不思議な感じで。
主人公のトーマス井口さんが、遠路はるばる「しびれふぐ」というレアアイテムを買いにいきます。
「しびれふぐ」というのは、大人のおもちゃと思われ。

そのお店に辿り着くまでの表現、お店で起こる、摩訶不思議な出来事。
いやぁ、アナザーワールド全開って感じです。
題名の「馬小屋の乙女」とは恐らく・・・

最初の「グランド・フィナーレ」とは、また全然違った趣のある作品だこと。
文章のくどさや表現力は、合い通じるものがありますが。

うむ、阿部さんの作品には不思議な魅力があるなと。

では、次の作品の感想なぞ。

本に関するブログを探すその1 その2 その3 その4

« グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ感想 | トップページ | 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ »

阿部和重 「グランド・フィナーレ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グランド・フィナーレ ~馬小屋の乙女 感想:

« グランド・フィナーレ ~グランド・フィナーレ感想 | トップページ | 反自殺クラブ -池袋ウェストゲートパークⅤ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー