フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一瞬の光 途中記 | トップページ | えっと・・・ »

2004.03.13

一瞬の光 読後記


cover

読み終わりました。

最後の方で壊れてしまいました、主人公。
っていうか、どちらが人にとっての幸せなのでしょう・・・
まあ、どちらかっていうのは読んでみて下さい。

結局、企業戦士として先頭を走り続けるエリートサラリーマンっていうのは、どこかに矛盾や無理、仕事以外の犠牲を作っているんだね。

この本、いろいろ考えさせられました。
人と人のつながり、企業戦士として生きること、虐待させた子供の心、愛する、愛されるということ。

難しい題材の割りに非常に読みやすく、次へ次へと読み耽たくなる本でした。
ととととても、お薦め。

« 一瞬の光 途中記 | トップページ | えっと・・・ »

白石一文 「一瞬の光」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3039/294695

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬の光 読後記:

» 一瞬の光 | 白石 一文 [鞄の中に文庫本]
一瞬の光 | 白石 一文 ★★★★☆ [続きを読む]

» 『一瞬の光』   白石一文 [仙丈亭日乘]
『一瞬の光』   著者名 :白石一文   発行年(西暦) :2004 年  出版社 :角川文庫   値段 :600-800円   白石一文の作品を初... [続きを読む]

» 『一瞬の光』 白石一文 (角川文庫) [活字中毒日記!]
一瞬の光posted with 簡単リンクくん at 2005. 5. 1白石 一文角川書店 (2003.8)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 本作の単行本が上梓されたのは2000年1月。 今までどうしてこの作品を手に取らなかったのだろう・・・ 読後の率直な気持ちである。 このレビューを読み終えた方、後悔させませんので是非手にとって欲しいなと強く思う。 確かに性別によって感じ方・受け止め方が違うかもしれない。 たとえば男性が読めば“共感”できる小説... [続きを読む]

» 一瞬の光@白石一文 [NO ・・・,NO LIFE]
一瞬の光 : 白石一文 著 (★★★★★) 税込価格 : \780 出版 : [続きを読む]

« 一瞬の光 途中記 | トップページ | えっと・・・ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー